特集☆クラウドファンディングのやり方とは?

top > クラウドファンディングの豆知識 > ファンド型クラウドファンディングでの起案のやり方

ファンド型クラウドファンディングでの起案のやり方

現在の世の中で、実際に多く行われているクラウドファンディングの種類形態としては、融資型・投資型・寄付型・購入型、ファンド型、これら5つのものが存在している状態です。
その中でも今回の記事では、ファンド型のものでの、支援を受ける側であるプロジェクト起案者の立場で、サービスをご利用されていく際でのやり方について、触れていく事にします。
ファンド型の場合、匿名組合なるものがそのサービス運営者をも含めて存在しており、同組合を通じて投資家である支援者側が、支援を求めている立場である起案者側への支援である金銭的出資を行うという、間接的な支援制度といった形になっています。
これにはきちんとした理由があり、通常の寄付型や購入型のものとは異なり、融資による出資という支援であって、融資型のような1回限りでのものとは異なり、無事にプロジェクトが完了した後でも支援形態によっては以後も配当金などによる収益で支援者側が利益をあまりに得ていく可能性が考えられる面と、予想外の出来事でプロジェクトが出来なくなった場合に支援者側が大きな損害を受けたりする事態が考えられる面があり、それらの両面から監視と両当事者への補償をしていくために、匿名組合なるものが当事者間に媒介をされている設定になっています。


実際にも支援者側からの出資による間接的な支援を起案者側としても継続して受けられれば、それだけにプロジェクト達成・完了による利益を受けられる上に、常に支援を受けられ続けていけるといったメリットがありますが、それでも支援者側と同じく、危険負担面での責任を免れられないところが契約権限上あります。
確かに当事者間での匿名組合などによるサポートとかも幾らかはありますが、サービス運営会社によっては、その危険責任負担の範囲を限定的に設定を行って、何かトラブルが起きたりした際には十分な補償面でのサポートを受けたり出来ないような事態も考えられたりします。
こうした面も予想をしたり、関連する知識などを様々な形で踏まえて理解をしながら、ファンド型での支援サービスを受けていく必要性が、起案者側としては出て来る事も否めません。


そして、最後に気を付けておかなくてはならない事がありますが、ファンド型においては、融資型の一部の支援者のように、保証会社による補償を受けたりして破産宣告での免責を裁判所から受けられない案件も、中にはあります。
常に配当支払い義務が生じたりする案件などのようなものの場合、雇用や請負その他の報酬支払い義務のある契約形態と同じく、支払い免責がなされないものなども存在しています。
支援者側への配当金支払い設定を契約上したりされる方は、そうした法的な責任面でのあり方にも注意をしながら、ファンド型での支援サービスにおける起案をしていく、慎重な配慮が必要です。
ただ、債務調停での返済交渉などが法的には認められるので、無利子で元本部分を無理なく返済をしていく方法もありますので、返済不能になった事態の場合には、そうした債務整理の方法での対応が可能な面もあります。

次の記事へ

TOPへ