特集☆クラウドファンディングのやり方とは?

top > クラウドファンディングの豆知識 > 寄付型クラウドファンディングでの資金調達のやり方

寄付型クラウドファンディングでの資金調達のやり方

多くあるクラウドファンディングでの種類の中でも、この『寄付型』というもの自体は、あくまで起案者が立ち上げたプロジェクトに対しての寄付による支援が提供をされるものであって、リターンが無いものになります。
災害復旧支援・応援、重症病者への治療費募集などの、いわゆる、一刻急を争う事態の際に、多く利用されたりする事が多い、クラウドファンディングの種類でもありますが、やはりリターンによる見返りといったものが無い分、プロジェクトの案件内容自体によっては、資金調達をしたりする事がやりにくいといった難しさも課題になっています。
こうした課題のある形態種類でもありますので、一刻、急を争う事態で求めたりする事態や案件では無い限り、中々資金調達の手段としては扱う事が難しいといった点も、やはり同サービスの特徴と言えるところがあります。


お金のみを集める手段としての内容からなるクラウドファンディングの形態種類であって、そのためリターンが無い分、余程の深刻な内容では無い限り、資金調達のほうをしていく事が困難といったところがあるタイプのものですので、一般的な資金集めなどにはやはり、不向きな面があるところは確かです。
ただ、個々人によってはどうしても、中にはやはり、購入型や融資型、ファンド型その他の形態種類での資金集めが何らかの事情によっては出来ない方もおられたりしますので、そうした方の場合には、世論への訴え方や宣伝の仕方の面において、どうしてもそれなりの工夫といったものを強いられたりしてしまう手間が掛かるようなところも問題になっていて、克服していくべき課題でもあります。
このように、決して課題が無いという訳ではない資金調達方法の種類でもありますので、サービス運営事業者にとっての克服していくべき課題でもあります。


それでは、もう既に現在においてこの寄付型のものへのオーナー登録をされていて資金募集をされておられる方、今から寄付型のほうでの資金調達を考えておられる方、それらを問わず、如何にして資金調達のための工夫を寄付型のほうでやっていくのか、この事について最後に触れてみます。
こうしたタイプである同サービスの場合、そのプロジェクト立案をした案件の内容と、現時点での自身の境遇といったものが深刻な状態ではない事に、最大の起因があるものと言えます。
基本的に寄付型であるクラウドファンディングの場合、どうしても経済状態が破綻、あるいは起案者である本人がかなりな重度の状態である重症病者である状態、それらのような境遇にある方を優先した対象の条件としていますので、その点を考えた上で、このサービスを利用していくやり方についての判断をする事が、とても重要です。

次の記事へ

TOPへ