特集☆クラウドファンディングのやり方とは?

top > クラウドファンディングの豆知識 > 投資型であるクラウドファンディングのやり方について

投資型であるクラウドファンディングのやり方について

企業やその他の各種法人、個人などが新たな起業をしたり、それらが創業間もない時期などにおいて、投資家などからの出資をしてもらう見返りに、株式分配を行うという、そうした内容からなるクラウドファンディングの形態種類のものを『投資型』といいます。
今回の記事では、そうした投資型と呼ばれているクラウドファンディングの形態種類のサービスを利用していく際でのやり方について、触れていく事にします。
今触れたとおり、基本的には創業期や起業を始めようとしている、企業や法人などの事業者、個人などを対象にして、それらのプロジェクト起案者に対しての支援をサービス登録をしている投資家がやっていくというものになりますが、それだけに起案者側の応募条件が限定をされているところがありますので、一私人向けではないところがあります。
その点についてよく理解をしながら、応募をしていく必要性があります。


一方、同クラウドファンディングのサービス環境において、起案者側に対して出資を行い、起案をされたプロジェクトを応援していく投資家である支援者側についてですが、こちらの場合もやはり、支援をしたい相手方である起案者が立ち上げているプロジェクトの内容について、よく確認をしながら、対価に見合うリターンを具体的に得ていけるのかどうかについて、検討や検証をしていく事が、とても必須になってきます。
そのやり方自体もやはり、まめな起案者側とのコミュニケーション、しっかりとした連絡環境の相互確立といった環境構築が必須と言えます。
支援を求める起案者側、お金を提供する立場である支援者側、何れの場合ではあっても、大変厳しいやり取りといった交渉の場になりますので、そうした現状を踏まえながら、スムーズな目標進行の完了・完結という結果にしていくという全体的な視野による配慮が大切です。


そしてこれは起案者の側においての問題あるいは課題でもありますが、お金の支援を受ける側として、どうしても単なる金銭消費貸借契約などとは異なる、弱い立場としての地位のあり方があります。
幾ら投資による金銭的支援とは言っても、それ自体が固有の特別の法令規定などで、支援者側が保護をされたりしているせいもあって、それまで何らかの支援を受けていた起案者側が破産宣告をしても、債務自体が免責を法的になされないといったケースなどもあります。
このようなケースの事例などもありますので、その支援者である投資家が一体、どのような投資形態での支援をしてくれるのか、そして、その際に一体どのような支援内容であるサービス契約を利用して、支援の提供の形を行うのか、そうしたそれらの点に注意をしていく必要性が当然の事ながら出て来たりします。
決して支援後においての過程でも油断が出来ませんので、そうしたサービス内容の利用面での難しさがあります。

TOPへ