特集☆クラウドファンディングのやり方とは?

top > クラウドファンディングの豆知識 > 投資型のクラウドファンディングでの支援募集のやり方

投資型のクラウドファンディングでの支援募集のやり方

この記事では、投資型のクラウドファンディングにおいて、資金調達のための支援を受けたい側であるプロジェクト起案者にあたる対象者に関しての、同サービスの利用のやり方についての記述がしてあります。
投資型のサービスの場合、今から起業をしたり、もう既に創業間もない個人やその他の事業者などを対象にして、その条件の下に、投資家がそれらの対象者のみに、資金的支援を行うというような形になります。
そして、その見返りとして、既存の保有している株式の全部あるいは一部分を、支援をされた投資家へ分配がなされるというような設定になっています。
そのような、形態種類である投資型のクラウドファンディングですので、対象者資格やその条件が特定の範囲に決められているため、必ずしも誰もが対象者として支援を求める事が出来るとは限らない内容のサービスという実態があります。


それでは、特に高額な資産なども保有をされたりしていない、一私人の方がこうした投資型のクラウドファンディングの利用をした上で、資金調達をしていく事は不可能なのか、その点について、ここで触れてみます。
正直、この投資型のサービスのご利用の場合、一私人である個人の場合、特に多重債務者の方の場合には、ほぼ、支援募集のお申し込みの段階での審査に落ちたり、申込みそのものが出来ないような場合もあったりします。
こうした点も考えながら、申込みやそこの投資型サービスを運営をしている事業者が、どのような審査基準や申し込み条件の内容に関しての情報公開をしているのか否かについて、確かめていく必要性があります。
こうした点を押さえた上で、お申し込み条件をクリアをしていけたりするような場合もあるといった報告もありますので、チャレンジをしてみる価値もそれなりにはあると考えられます。


それでも基本的には、具体的な企業内容や創業開始の段階にある事業者を対象にしているという前提のサービス内容のものであり、その上、確定申告上においての資産内容が明確化をされていて、やはり既存の視力面においての資力余裕がある事が必要になってきたりします。
しかし、投資家レベルの人々を除く、一私人レベルでの一中小企業に匹敵をする程の規模である、資産資力のある方などは、余程の事が無い限りそう多くはないといった現状がありますので、まずはほぼ、この投資型のクラウドファンディング・サービスの利用をしていく事は不可能なところがあります。
もう少し具体的に話すと、優に中小企業規模の資力面での余裕を持つ、事業者等である方しかお申し込みが出来ないような仕様のサービス運営会社が少なくありませんので、他の形態種類のものを、一私人の方の場合には検討をする事が無難なところがあります。

次の記事へ

TOPへ