特集☆クラウドファンディングのやり方とは?

top > クラウドファンディングの豆知識 > 投資型クラウドファンディングの支援者側でのやり方

投資型クラウドファンディングの支援者側でのやり方

ここで言う「支援者」とは、投資型であるクラウドファンディング・サービスにおいて、お金を出して支援を行う投資家その他の人々の事を指します。
そのやり方なども、基本的には創業期や起業の段階である個人・法人などを含む事業者等を対象にして、クラウドファンディングでの出資を支援者側が行い、その代わり、株式などの分配をしてもらうといった形のものになります。
そうした、主に創業・起業の段階である事業者等に限定をした対象範囲でのサービスの実施といったものですが、支援者側として出資による支援を行う際のやり方に関して、今回の記事では触れていくようにします。
基本的に、起業・創業の状態である事業者等といった対象者であるプロジェクト起案者のみを対象にした同クラウドファンディングのサービス内容ですので、その出資の際での金額なども、優に数百万円の単位を超える点はご承知の通りです。


扱う出資・支援のための金額なども大変高額ですので、決して一私人向きであるクラウドファンディングのサービスでは無い事が、よく分かります。
その点を踏まえながら、支援者側としての立場から、このサービスについて考えていく必要性があります。
日常的にも事業運営面においての高額金額を扱う、支援者側や起案者側である人々向きの、資金調達サービスといったあり方がありますので、その専門性の強さが如何にあるのかがよく窺える感じがします。
また、起業・創業の段階である事業者等のみを対象にした特殊性という性格性のあるファンド型といったものですので、そうした面から必ずしも誰もがそのサービスの利用をしていくといった事が不可能な面がある分、それ程は起案者側の人々の数やその需要といったものは、それ程は多くない傾向がこの国日本ではあるところが窺えます。


起案者の人数規模の面での需要が少ない分、やはり、支援者側としてもその需要獲得のための何らかの活動をしていく必要性といったものが、出て来る面は否めません。
それでも決して、簡単な事ではありませんので、そうした面でも投資型のタイプであるものは、幾らか課題があるものと考えられます。
そうした事情から、支援者側としての投資家その他のお金を出す立場としても、他の匿名組合などを媒介にしたファンド型や融資型などへの、利用変更をしていく事も検討していくのも手と言えます。
ただ、今度はそれで、中々高額な見返りを期待出来なくなるといった問題などもありますので、決して良い事ばかりでは無い面もあります。
このように中々難しい、高額出資による支援を行う側の方にとっては、投資型は難しいところがあるものと言えます。

次の記事へ

TOPへ