特集☆クラウドファンディングのやり方とは?

top > クラウドファンディングの豆知識 > 新しい形のクラウドファンディング

新しい形のクラウドファンディング

スポーツでやりたいことがあるために、「クラウドファンディング」で資金を募るということを聞いたことがある人も多いです。
しかし、実際にはどのようなやり方や手順でやっていいのかわかっていない人が多いのも事実で、しっかりと仕組みを知ることで利用しやすくなります。
まず最初にやらなくてはいけないのは、「何をやりたいのか」という目的や目標を決めることから始まります。
田舎の地域に医療施設を作りたいという社会的な問題にチャレンジしている人も入れば、個人的に世界的な記録にチャレンジしたいという人もいるために、様々な理由があります。
その次にやらなくてはいけないのは、利用するサービスを決めることです。
一口にクラウドファンディングといっても、扱っている内容や得意な分野が違うので、どこでもいいというわけにはいきません。


また手数料もかかりますので、しっかりと把握をしておくことで上手くいきます。
自分がこのプロジェクトを成功させたいという願いがあるならば、自分に合ったサービスを利用してクラウドファンディングを決めることです。
そして利用するサービスが決まったら、どのようにして自分がそれを達成するのか、そして社会的に価値があるのかなどの熱意を伝える作業になります。
もちろん嘘はいけませんが、しっかりと真摯に向き合って熱意を伝えることをしていると、必ず応援してくれる人がでてきます。
まずは目を引くタイトルを考えて、どのようなカテゴリーに属するのかを明確にします。
更に目標金額も設定をしなくてはいけないのと、プロジェクトの流れを示すことでいつまでに何を達成するのかをわかりやすくなります。


クラウドファンディングでは、どのようなプロジェクトでも応援されるとは限りません。
インターネット上の不特定多数の人に共感を得るためには、まずは運営サービスから承諾をもらう必要があります。
何でもいいということではなく、社会的に問題となるものは不可になりますが、それが社会的に有益であると判断された場合には問題ありません。
資金集めの承諾を得ることができたならば、今度は色々な人たちに目にしてもらい、協力をお願いすることをやります。
ただ黙ってみているだけでは、協力者は出てきませんし、何よりもインターネットだからと言ってもやはり心を動かすのは、積極的なアプローチになります。
SNSなどを利用してどのような活動をしていくのか、クラウドファンディングでお願いしていることを伝えていきます。

次の記事へ

TOPへ